メンテナンスを受けたい

メンテナンスを受けたい

ホーム > メンテナンスを受けたい > ATオイル

ATオイル

スムースなギアチェンジを支えるオートマティックオイル

ATオイル(またはATフルード、ATF)は、エンジンの生む回転力をタイヤに伝える、ATを構成する部品どうしの摩擦を防ぎ冷却する、油圧によってクラッチなどを動かすというように、とても重要な役割を担っています。燃費の低下や各部破損を防ぐために定期点検・交換をお奨めしています。

ATをスムースに保つために

オートマチックトランスミッション(AT)の車で「D」レンジのまま停車していることがありますね。よく考えると不思議だと思いませんか? エンジンは回転しているのに車は停止しているのです。ATではギアとギアのような金属の組合せだけではなく、ATオイルと呼ばれる液体がエンジン回転を駆動輪に伝えているのです。常に作動しているものですので、定期的な点検・交換をお薦めいたします。

20,000km走行または2年に1回

20,000km走行または2年に1回 オートマチックオイル交換

オートマチックオイル(ATF:オートマチック・トランスミッション・フルード)はスムースな変速や適切なギア選択によって、効率的な走行を支えています。燃費にも大きな影響を持つオイルですので、こちらも定期的な点検・交換が必要です。

オートマチックオイル交換費用
汎用ATオイル 1,000円
(税込1,080円)/L
純正ATオイル 1,500円
(税込1,620円)/L
交換工賃 1,000円
(税込1,080円)

※輸入車・CVT車はお問い合わせください。

※お車により使用するリッター数が異なります。目安として4〜8リッターです。

ATオイルとは

自動車には変速機があり、エンジン回転数と速度を考慮して最適なギアへシフトすることで燃費走行も可能になります。
クラッチペダルとシフトレバーで操作する変速機をマニュアル・トランスミッション(MT)、クラッチが無く自動的にシフトチェンジしてくれる変速機をオートマティック・トランスミッション(AT)と呼びます。

AT車で、例えば「N」から「D」に操作した時、ガクン!とショックがある場合はATオイルの劣化が考えられます。ATオイルの交換が必要かどうかも含め、是非ご相談ください。

PAGE TOP

三愛自動車工業株式会社 
札幌市東区北42条東19丁目1-10120-23-9111

ISO 9001:2008 認証取得